IMURA Laboratory, Ochanomizu University

お茶の水女子大学理学部化学科 伊村研究室

研究の概要

 機能性材料の1つである「貴金属ナノ結晶」を次世代にむけてより有効に用いていくために、界面活性剤との複合化を中心とした研究を行っています。
■ 界面活性剤がもつ吸着特性を条件に応じて使い分けることで、ナノ結晶の形や分散状態の制御を行っています。
■ 界面活性剤分子集合体を用い、ゲルへの包接や可溶化によるナノ結晶の分離抽出法の開発を進めています。

お知らせ

2018/04/01
卒研生2名がメンバーに加わりました ≫メンバーNEW

これまでのお知らせ


連絡先