お茶の水女子大学TOP
理学部TOP ENGLISH

緊急講演会「解説:原発事故と放射線」 のお知らせ

 福島第1原子力発電所の事故を機会に、原子力や放射線に対する関心が高まっていますが、それらの実体を平易に解説し、広く知識を与えるような試みはほとんどなされていません。
 この「得体の解らなさ」が不安感を呼び、正確な情報の理解を妨げているのではないでしょうか。
 まずは落ち着いて考えられるように、原子力や放射線に対する確かな科学情報を提供し、各自がより適切な判断・行動の規範を持つための手助けをしたいと考え、緊急講演会を開催します。
   ポスター

  対象: お茶の水女子大学学生、教職員
  日時: 2011年4月21日(木)17:10〜18:40
  場所: 共通講義棟2号館201

  【予定している内容と担当講師】

   ○福島第1原発事故の概要と放射線環境の現状について
    お茶の水女子大学ラジオアイソトープセンター講師 古田悦子

   ○放射線とはどんなもの?
    お茶の水女子大学理学部生物学科准教授 宮本泰則

   ○放射線の生物・人体への影響
    東京大学アイソトープセンター教授 井尻憲一
    (理学部生物学科 放射線生物学担当)

                  司会: 最上善広(理学部長 理学部生物学科)