IMURA Laboratory, Ochanomizu University

お茶の水女子大学理学部化学科 伊村研究室

研究の概要

 貴金属からなる「ナノ結晶」を次世代の機能性材料として効率的に用いていくために、「界面活性剤」との複合を主とした研究を行っています。
■ 界面活性剤の特性をフレキシブルに使い分けることで、ナノ結晶の形や分散状態の制御を行っています。
■ 界面活性剤分子集合体を用い、可溶化やゲルへの包接によるナノ結晶の分離抽出法の開発を進めています。

お茶大 理系女性教育開発共同機構のHPにて、 ≫高校生・一般向けの研究紹介記事が公開されています。)

お知らせ

2020/11/7
日本油化学会第59回年会にて、学生奨励賞およびショートプレゼンテーション賞を受賞しました ≫受賞一覧NEW
2020/11/2-7
日本油化学会第59回年会にて、研究発表を行いました ≫学会発表一覧NEW
2020/10/20
第10回CSJ化学フェスタにて、学生ポスター発表を行いました ≫学会発表一覧NEW
2020/8/30
お茶の水女子大学理系女性教育開発共同機構主催 第10回 女子中高生のための先端科学セミナー「研究は楽しい!」)にて、伊村講師が講演しました

これまでのお知らせ


連絡先