ページの本文です。

化学科講演会の記録

2016年8月25日更新

2017年

2017.04.03  内川 瑛美子 博士 講演会

日時: 2017年04月03日(月)10:00-11:00
場所: 理学部1号館4階 化学第一講義室(415室)
共催:リーディング大学院推進センター
講師: 内川 瑛美子 博士
   (European Molecular Biology Laboratory (EMBL) ポスドク)
テーマ: 自然免疫におけるパターン認識受容体であるMDA5およびLGP2のX線結晶構造解析
要旨: 私たち生物はウィルスや菌などの非自己に感染されないように幾層もの防御システムを持っています。病原体が皮膚や粘膜といった一番身体の表面にある物理的なバリアーをくぐり抜け、細胞へと侵入すると、細胞の最初の防除システムであ自然免疫系が活動を開始します。自然免疫系のパターン認識受容体(PRRs)と呼ばれるタンパク質が非自己の特異的な特徴(PAMPs)を認識し、インターフェロンやサイトカインといったタンパク質を誘導し免疫応答経路を活性化させます。このPRRsが細胞内における最初のバリアーであり、細胞レベルでの病原体感染に対し防御に非常に重要な役割を果たしています。PRRsはこれまで多くの種類が報告されています。そのなかでもRig-I様受容体(RLHs)はインフルエンザウィルスなど多くのウィルスの核酸を特異的に認識します。RLHsにはRig-I、 MDA5、 LGP2 と三種類のタンパク質があり、それぞれその働きの違いが報告されています。Rig-Iについてはこれまで多くの研究が報告されていますが、特にLGP2についてはその構造の詳細な情報が少なく、LGP2はMDA5の働きに対し、正にも負にも働くことが示唆されていますがその詳細は十分にはわかっていません。今回、私たちは、LGP2とさまざまな2本鎖RNAとの複合体の結晶構造を高分解能で決定し、相互作用の詳細を明らかにしました。LGP2はRig-Iと比べ1 bp長い2本鎖RNAと結合しており、ATPの加水分解にともなうヘリカーゼドメインのコンフォメーションの変化がとらえられました。また、MDA5と10~27 bpの2本鎖RNAとの結晶構造を決定し、MDA5は短い2本鎖RNAに対しては、以前に報告された長い2本鎖RNAに対する配向とは異なる配向をとり結合することが明らかにされ、さらに、結晶構造をもとに作製した変異体を用いて、LGP2の2本鎖RNAとの結合がMDA5によるインターフェロンβの産生の誘導の亢進に重要であることが示されました。このことから、LGP2は2本鎖RNAとの結合により核を形成し、MDA5を線維状の重合体の形成へと導くことが示唆されました。
※講演会終了後、学生との交流会を開催します(化学第一演習室 422室)

2017.03.29  パデュー大学研究者(Chmielewski 先生、Hrycyna 先生)講演会

日時: 2017年03月29日(水)14:30-16:40
場所: 理学部1号館4階 化学第一講義室(415室)
共催:リーディング大学院推進センター
【講演1 14:30-15:30】
講師: Prof. Jean A. Chmielewski
    (Alice Watson Kramer Distinguished Professor,
     Department of Chemistry, Purdue University, USA)
テーマ: Peptides as Tools to Eradicate Intracellular Pathogenic Bacteria and Develop Biomaterials for Regenerative Medicine
要旨: こちらからご覧ください。
【講演2 15:40-16:40】
講師: Prof. Christine A. Hrycyna
    (Professor, Department of Chemistry, Purdue Univeristy, USA)
テーマ: Modulating ABC Transporters at Blood Brain Barrier
要旨: こちらからご覧ください。

2017.02.16  Sylvette CHASSEROT-GOLAZ 先生 講演会

2017.01.25  森田 明弘 先生 公開セミナー

2016年

2016.11.02  Luis López-Remón 氏 講演会

2016.10.28  Michel Miesch 先生 講演会

2016.10.19  V. A. Soloshonok 先生 講演会

2016.06.30  Ying-Duo Gao 先生 講演会

2016.02.12  大神田 淳子 先生 講演会

2016.02.05  加藤 隆史 先生 講演会


⇒ 2015年―2006年の講演会記録

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加