ページの本文です。

  • 生物学科スライド01
  • 生物学科スライド2
  • 生物学科スライド3
  • 生物学科スライド4
  • 生物学科スライド5
  • 生物学科スライド6
  • 生物学科スライド7
  • 生物学科スライド7

生物学科


学科長挨拶

mogami
 

 生物学の大きな特徴は,多様性を扱うことにあります。たとえば比較生理学という生物学の分野があり,比較形態学,比較内分泌学という分野もあります。これらは,生物の機能や構造とに大きな違いがあることを認めた上で,それらを比較することで生命活動の根源に迫ろうとするものです。多様性は生物を理解する上での重要なキーワードです。
 また一方で,生命の共通原理を探ることも生物学の目標のひとつです。多種多様な生命活動を可能とする原理とは何か。それを突き詰めれば,地球上の生命体の存在を再定義することになるでしょう。
 お茶の水女子大学の生物学科は,このような多様性と統一性の両方を視野に入れて,研究と教育を展開しています。生命を語るための強固な学術基盤を作り上げ,それをもとに社会への貢献を目指します。
 私たちと一緒に「生物三昧」を味わってみませんか。

平成30年度 生物学科長 最上善広

OGからのお茶大生物のススメ

mori

 広範囲に渡る生物学領域の学部教育を少人数の同級生と受けられることは、お茶大生物学科ならではの魅力です。男性に頼れないことで、研究室では女性だけでなんでもやりました。その経験は、新しい学問を創成すること、新しい組織を創ることに、躊躇することなく、なりふりかまわずに行動することにつながりました。

森 郁恵
名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻 教授
ニューロサイエンス研究センター センター長

2017年 紫綬褒章受賞
2006年 猿橋賞受賞  井上学術賞受賞



kawakami

 大学時代のことを思いだすとき、いつもうなだれてしまいます。なにしろ、在学中、かなり勉強をしなかったからです。
 勉強をしないで何をしていたかといえば、授業をさぼって図書館に行きいちにちじゅう本を読んでいたり、池袋にある名画座にいちにちじゅう入り浸って映画を見ていたり、いちにちじゅうサークルの部室にこもってうだうだしたりしていたり、していたのでした。

→続きはこちら

川上 弘美
小説家
芥川賞および谷崎潤一郎賞の選考委員

2016年 泉鏡花文学賞受賞
1996年 芥川賞受賞


hirose

 私は1977-1981年の間、理学部生物学科(細胞生物学講座)で学び、修士課程修了後、東北大学の理学部博士課程修了を経て、当時の農林水産省森林総合研究所及び農業生物資源研究所でポスドクとして農業研究現場を渡り歩きました(この間、結婚、出産、育児を兼業)。

→続きはこちら

広瀬 咲子
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
生物機能利用研究部門 遺伝子利用基盤研究領域
主席研究員


HP概要

入試情報 -お茶大生物への入学の道-

 お茶大生物には、AO入試、推薦入試、前期日程、後期日程、3年次編入など、それぞれ特色のある入学試験を行っています。
→入試情報へ

見学会 -お茶大生物を身近に感じてもらう時間-

 お茶大生物では、「オープンキャンパス」、「臨海実験所での春休みの高校生実習」、「プレゼミナール」など、高校生にお茶大生物を身近に感じてもらうイベントを企画しています。是非、ご参加いただき、お茶大生物を身近に感じてください。
→オープンキャンパス →春休みの高校生実習 →プレゼミナール

12の安心サポート体制

 きめ細かい教育・研究・学生生活サポートで、入学から卒業までの4年間を有意義なものにし、次のキャリアへ繋ぎます。
→サポート体制

講義・実習

 お茶大生物では、「いきもの」に関するGeneralistでSpecialistを養成するため、特色のある講義・実習キャリキュラムを開講しています。特に実習には重点を置いていて、臨海実習4科目、本校実習13科目を開講しています。
→講義・実習

在学生の声

 在学生から、①お茶大生物を受験した理由、②実際に入ってみて感じたこと、③面白かった講義・実習、④将来への希望についてアンケートをおこないました。
→在校生の声

海外留学

 お茶大生物では、学部生・大学院での海外留学を推奨しています。在校生は、貴重な経験と語学力とコミュニケーション能力の向上を目指し、海外留学に出かけます。
→海外留学

 研究室配属、卒業研究

  3年生の7月に、各研究室に所属し、卒業研究がいよいよ始まります。研究者の1人として、ラボメンバーのサポートを受けながら実験結果を積み重ねます。2018年度から学部と大学院を結ぶ「学士・修士一貫教育トラック」制度が導入されています。
→研究室配属、卒業研究

学生が第一著者の論文、受賞

 研究成果は、英文ジャーナルでの論文公表や学会での口頭・ポスター発表することで、次の研究の基盤やシーズとなります。学外の研究者との交流の場としても学会参加は貴重な経験で、積極的におこなっています。
→学生が第一著者の論文
→受賞

就職・進学

 学部卒で就職、大学院修士で就職、大学院博士まで進んで就職。あなたはどんなキャリアを目指しますか?
→就職・進学

卒業生の声

 お茶大生物の先輩方は、過酷な就職活動を勝ち抜き、自分らしい夢に向かって社会で活躍しています。①お茶大生物でよかったこと、②現在の仕事の魅力、③将来の夢 などアンケートをおこないました。
→卒業生の声

OG教員からのお茶大生物へのススメ

 お茶大生物には、2名のお茶大生物OGの教員がいます。身近なロールモデルとして、研究に教育に頑張る先生方は、在校生のお手本になっているようです。
→OG教員からのお茶大生物へのススメ

学科メニュー